カリモク家具 張替・リビルド

長年の使用で緩んでしまった接合部をくさびを入れて組み立てなおします。締め直しのみ¥5,250.-より承ります。(張替とご一緒の場合は¥3,150.-です)

画像クリックで拡大します。

張替前

接合部緩み

楔(くさび)

画像では分りにくいですが、15年くらい使用しているため、クッション材がへたりきっていました。 日本製家具の場合、材木の含水率を12%前後で加工していますが、ご使用状況(直射日光・冷温風等)により、緩む場合があります。 楔(くさび) 赤い部分が楔です。 接合部の材料がやせてしまっている場合、そのままボンドを入れて組み立てても、強度が落ちます。そこで楔をかませる事により接合部がきっちり締まります。楔の厚みは、長年の経験で決めます。
張替後 接合部  
ウレタンフォームをすべて入れ替え、掛けごこちもリフレシュしました。 キッチリ締まりました。

お問合せは、こちらまでinfo@interior-maruko.com

まるとく情報イチオシ商品アクリルベッドソファじゅうたん収納家具コーディネーション家具オーダー家具内装工事|建具桐箪笥再生籐張替食堂 イス張替ソファ張替家具リフォームメンテナンス1|革メンテナンス2革メンテナンス3革メンテナンスQ&Aインテリアプランニングキズ補修塗装店舗案内お問合せ